最近、人を撮ってますか??   

写真を撮るのではなく、人間を撮る。

最近人を撮ってますか??
d0095106_23432010.jpg


今の時代、FaceBookやTwitter、Instagramなど様々なSNSで、色々な形の写真が気軽に
投稿されています。 
自撮り棒なる物も出てきて、街で、良く撮っている人も見かけるものです。

僕は、昔から撮影現場にヘアメイクとして、出ていてそういうプロの現場のカメラマンの人たちと
割と、身近に接してきて、
沢山の映像や、写真をみてきました。写真の構図や区画などにとてもこだわり
を感じるものばかりでした。

そこで感じる最近の写真に対する違和感??
もちろん僕もSNSやお店のヘアスタイル写真などで、写真をとるのですが、なかなか思うように写真が撮れません。
なんでかなーと疑問に思っていた時、いつも仕事でご一緒しているカメラマン
の人と写真スタジオなる物をやりたいねと話していて
サンプルの写真をうちのお店で撮ろうという話になり、僕がヘアメイクをして、その人が写真を撮ってみたところ、違和感のない僕のイメージした通りの写真が撮れていました。

なにが違うのかなと、考えてみると
僕は写真を綺麗に撮ることばかり考えて、写真を撮っていたのですが、

カメラマンの人は、撮っている人と良くコミニケーションをとり、その人自身のバックボーンから、
最近は何をしているかなど、たわいもない話までしながら、シャッターを切っていました。
カメラマンは今そこにいる一人の人間を出来るだけ自分の中で、理解して、その人自身と
真剣に向き合って、その人自身をとっているんだと感じました。

だから、写真が生きている感じがするんだと!!まるで、すぐそこにいそうな感じがするんです。

たとえば、遠距離恋愛中の恋人同士が、単身赴任中のお父さんが、先に亡くなってしまったご家族が、
いる人などにこういう生きた写真があったら、きっと、素敵だろうなと。

写真はその瞬間の時間を切り取り、永遠の物にしてくれます。
思い出として、ずっと残ります。

そういう大切な写真だからこそ、生きた写真を、ずっと手元に残しておきたいと思う写真を撮ってみたい
という思いから、オングスタジオを作っていこうという流れになりました。


オングスタジオのコンセプトは、
写真を撮ることではなく、写真を撮りに来たその人自身を撮るということです。

まるで、その人が、写真をみただけで、すぐそこにいるような、とても生っぽい
生きている写真。その人が今、この瞬間そこにいて、そこで、確かに存在している写真
そういう写真を撮っていきたいと思います!!
d0095106_0565133.jpg
お店のご予約はこちらから!!お店のホームページはこちら!http://www.ongg-hair.com/
人気blogランキングへ投票よろしくおねがいします!
[PR]

by OnGG | 2015-10-02 07:22 | OnGG(オング)

<< インスタグラムはじめました!! おセンス >>